代表からのメッセージ

きっかけはフィリピンでの語学留学

※フィリピン留学で知り合った日本人の友人との一コマ

「ネイティブ以外の講師に教わる英語なんて伸びる訳が無い」「悪い発音を学んでしまう」フィリピンへの渡航前にはそういった声を沢山聞いておりました。当時私が日本で習っていたネイティブの講師からも批判をされておりました。

しかし現地での語学留学をスタートしてから、私は良い意味で期待を裏切られました。講師の教育スキル、授業に対する事前準備の丁寧さ、生徒に対する姿勢など、全てが私の想像を超えていたのです。

フィリピンの講師陣は、私たちと同じように英語が第一言語ではありません。だからこそ、教えるスキルはとても上手ですし、発音も訛りは少なく、しっかりとしておりました。ネイティブではない人から英語を学ぶことに対する固定観念は、あっさりと覆されたのでした。

偶然知った、フィリピンで働く人の給料の低さ

※フィリピン留学で実際に教わった先生との一コマ

そんな時、ビジネス英語の授業でフィリピンの経済のことを調べる機会がありました。

「フィリピン人の給料は約2.5万円と日本の8分の1」(地方の場合はもっと安い事が多い)フィリピンで働く人の給料が低いことにとても驚きました。住む場所、家族構成にもよりますがバギオで1人暮らしをしようとすると約3万円、家族を持つと4万円必要になります。そのため、共働き家庭が殆どで、仕事を掛け持ちしている人も多くいます。

日本と比べ、物価が安いことは確かですが、この価格は講師陣にとって本当に適正なのか疑問に思いました。私が関わって来た英語の講師たちは、情熱を持った真面目な方たちばかりで、そのスキルも高いのに…。

固定概念でスキルが評価されていない現状

※オンライン英会話サービス立ち上げの際の一コマ

フィリピンの英会話学校の講師たちは、スキルがあるにも関わらず、日本の英会話教室で教えている人の人数は多くないです。その理由として、就労ビザの取得が厳しいことや、ネイティブスピーカーでは無いといった理由があります。

こういった格差を少しでも改善し、英会話を教える講師たちのスキルが少しでも正当に評価されること、学ぶ側である生徒様たちもよりよい教育を受けることができる為に「オンライン英会話」事業を2018年に立ち上げました。

新事業としてメタバース事業への挑戦

※非常勤講師を務める専門学校にて体験愛を実施した際の一コマ

2020年にコロナショックがやって参りました。当時の主な取引先は「留学斡旋会社(いわゆる留学エージェント)」や海外に支店を持つ企業様でした。海外への留学がストップした事、海外転勤が無くなった事、受注をいただいていた企業の業績悪化による福利厚生費の削減等により弊社も大きな影響を受けました。

そこで目を付けたのがメタバースでした。仮想現実空間を使ったメタバースは以前から趣味で使っておりました。仮想空間上の友人と話していると「どうせコロナ禍で仕事が何もないのであればメタバース留学をやってみたら?」という事で軽い気持ちで当時はスタートしました。私としても「メタバース」が持つ「多様性を体験できる場」や「メタバースならではのクリエイティブ体験」「オンラインよりも現実に近づいたリアルな体験」を提供したいと以前から考えておりました。私や友人の「事業に対する想い」に賛同してくれたメタバース上の有志の方々も集まってくれて、様々な体験をする事が出来る仮想現実空間を作成してくれました。当時はメタバース上で仕事をしておりましたので「顔も知らない」「名前も性別も年齢も知らない」「無言勢と呼ばれる方(声を出さない方)」と一緒にプロジェクトを進めておりました。この経験は今でも私の財産になっております。

メタバース留学‐VRを活用して海外留学や国際交流を疑似体験
https://vr.curious-world.co.jp

愛知県庁スタートアップ推進課と日本政策公庫からの支援

※CURIOUS WORLD ACADEMYの外観

新しいサービスを始めるにあたり、愛知県庁のスタートアップ推進課による補助金に採択を頂きました。この補助金を使ってメタバース空間を作ることが出来たり、営業活動を行う事が出来ました。

また、コロナ禍の当時は多くの学校法人がコロナをきっかけに海外研修を断念しているという話も伺いました。「この補助金を使って海外研修を諦めてしまっている学校の生徒に何か貢献する事は出来ないか?」そういった想いから2020年後半より「オンラインを活用した同世代の国際交流」や「オンラインバーチャルツアー」「オンラインフィリピン留学体験」と言ったサービスを学校法人格安又は無料で当時は提供をしました。この補助金や融資をきっかけに弊社一回り大きくなれたと思っております。

CURIOUS WORLD ACADEMY|コスパNo.1!セブ島留学ならCWA
https://curious-world-academy.com/

フィリピンセブ島で語学学校をスタート

※南フィリピン大学付設ESLセンターの外観

2022年コロナワクチンの接種が進むと同時に海外渡航への動きも始まって参りました。夏休みのオンライン研修に向けて学校の先生と打ち合わせをしている際「城戸さん来年はどうするの?うちの学校、来年は海外に行く予定だよ。もし城戸さんがフィリピンで学校をやっていたらうちの生徒に提案できるのに」と言われました。また私自身も「オンラインプログラム」や「メタバースプログラム」を運営しているからこそ分かる「オフライン」の重要性に気づいておりました。オンラインでは伝わりづらい「匂い」や「実際に触ってみる事」「その地域の熱量や雰囲気を感じる事」「相手の服装や表情、所作から感じ取るノンバーバルなコミュニケーション」の大切さ等、海外現地でしかできない体験がオフラインにはあると思いました。そういった「オンラインやメタバースでは体験できない海外研修が体験できる語学学校や研修を作りたい」と言った想いから語学学校の構想がスタートしました。

ただ、フィリピンで語学学校をスタートする為には物件の選定や運営方法の構築、食事の提供、資金の確保等様々な課題がありました。銀行との追加融資の打ち合わせやフィリピン現地での物件選定等、様々な壁を乗り越えて語学学校をスタートする事が出来ました。結果的にCURIOUS WORLDでは「オンライン」「メタバース」「オフライン」全てをワンストップで提供する事が出来るようになりました。

USPF-CWA ESL Center | 南フィリピン大学付設語学学校
https://uspf-esl.com

スキルに国籍は関係ありません

様々な困難を乗り越えてきた私達CURIOUS WORLDでは御座いますがまだまだたくさんの壁があります。そんな中でも私達CURIOUS WORLDでは国籍や人種、宗教等関係なく「良いものは良い」「評価されるものやサービスは正当に評価されるべき」と言う思いを胸に今後も商品やサービスの開発と提供をし続けて参ります。